メニュー

●絵ってどうやってみればいいの?

≪対象≫ 絵画鑑賞には興味があるがどう接していいのかわからない方

≪概要≫ ”どうやって絵をみればいいの?””絵にはあまり詳しくないんだよ”と思う人も多いはず。この講座では、いまさら絵の見方がわからないと言えない人にでも、楽しく、作品鑑賞ができるようになることを目指します。

●親子でおしゃべり絵画鑑賞会

≪対象≫ 子供と一緒に美術鑑賞がしたい。家族で楽しく鑑賞するヒントが欲しい方

≪概要≫ 「これ、何だろう?」から始まる疑問。この疑問について親子で楽しく話してみませんか?自分の目でみて、何かを「思う」こと。そしてどこからそう思ったのか考えてみる。そんな「思う」ことの練習に不思議な魅力をもつアート作品の鑑賞を通して行います。「思考力」や「発想力」を鍛え、人間らしい柔軟な判断ができる能力を身に着けることを目指します。

AIに負けない人材育成 ⋯ 柔軟な思考で生み出す創造力とコミニュケーション能力を高めます

≪対象≫ ドキドキ、ワクワクの感性から遠ざかっている人たち。チームでの仕事をメインに行っている方々

≪概要≫ 近い将来、ホワイトカラーの仕事の多くをAI(人口知能)が取って代わる時代が来る。その中で生き残るにはどういう力が必要なのか。アート作品を通して「自分とのコミニュケーション(自己理解)」「他者とのコミニュケーション(他者理解/多様性の受容)」能力を伸ばしていくことで、AIが苦手で、かつ人間が得意とする「思考力」や「発想力」を鍛え、人間らしい柔軟な判断ができる能力を身に着けることを目指します。

 

会話ではなく対話ができるチームづくり・・・対話とは「違い」を愉しむことである

≪対象≫ 多様化する部下(年上の部下・・役職定年者等/派遣社員/外国人等)に困っている方/若手がなかなか育たないと考えている方/そもそも会話が少ない方々

≪概要≫ こういう思い込み、経験はありませんか?「言ったこと=聞いているに違いない」「聞いたこと=納得しているに違いない」この講座ではアート作品を通して違いを気づくこと、そして何が違うのか推察する力、そして繰り返される問いによりお互いのまなざしが共有され、仕事でのより先のビジョンを見つける思考力を鍛え、チームでのコミニュケーション能力の向上を目指します。


教育施設、療養施設をはじめさまざまな場所での対話型美術鑑賞会のご相談から実施まで。また、企業での人材育成をはじめとする相談・企画・実施なども承っております。
※料金についてはお問い合わせください