ゴッホの原点を学ぶ、ゴッホ展

ゴッホ展~人生を変えたふたつの出会い~ @上野の森美術館

ゴッホ。ゴッホの絵は対話型美術鑑賞に用いることが多い。巧みな色彩と筆のタッチから溢れる生命感。背後に感じる哲学。改めてゴッホを鑑賞しようと思った。

ポスト印象派のゴッホ。ハーグ派に導かれ農村生活を描いた初期の作品にドキッとした。「疲れ果てて」ここに描かれている椅子は、晩年の「ゴッホの椅子」と同じ。空気感も同じに感じた。ゴッホ独特の線のタッチ、タンギー爺さんに表現される人を観察する鋭さ、内面の素朴さ、手のごつごつした感じ、その原点はここにあったのか!と。展覧会に入って早々にドキドキしてしまった。

パリに出て印象派と出会い、色彩研究に花を描き「花瓶の花」は私は気に入った。今までのグレーの世界から彩度の高い色彩を用い、ジャポニズム的な花瓶、画面構成が素敵だ。そしてアルルでの「麦畑とポピー」。花瓶の花と同様に気に入った。私の中で共通して赤が美しい。ポピーが咲き誇る健康的な自然と光を感じた。その後ゴッホは精神を病んでいく。精神と表現は一体だ。

今回の展示はゴッホが如何にしてゴッホになったのか。その変遷を学ぶ上で大変わかりやすい展示だったと思う。