群青色が気になった。奇想の系譜展

奇想の系譜展・江戸絵画ミラクルワールドを鑑賞。@東京都立美術館

大勢の人でごった返しているかも!と気合を入れて訪れたが、意外に空いていてゆっくり見ることができた。展示初めは伊藤若冲。次に曽我蕭白、長沢芦雪、岩佐又兵衛、狩野山雪、白隠慧鶴、鈴木其一、歌川国芳と続く。それぞれの作家の個性がとても楽しめた。同じトラでも捉え方が違うし、竜も色々な竜が登場。今回気になったのが群青色の使い方。群青と言葉を久しぶりに見たからかもしれない。紫陽花の群青、鬼の群青、流れる水の群青、様々な群青に心ひかれた。また、どの作家も個性が強いので構図も大胆で面白い。特に笑ったのは長沢芦雪の「白象黒牛図屏風」黒牛の腹のあたりに描かれているあの犬はなんだ!像の上の黒ガラスと全然違ってここだけ愛嬌にあふれているではないか。突然の拍子抜けの犬の絵に不意を突かれた。若冲の「像と鯨図屏風」ともすぐ比較できるタイミングで鑑賞できたのもいい。どの作家も墨がとても美しい。しかし、大作がいくつもあったが一番心にとどまっているのは長沢芦雪の「なめくじ図」なめくじだけを取り出して描いている絵を初めて見た。なめくじらしいぬるっとした、水分をべたつかせながら這ってる様子がなんともいえない感覚。いい。日本の絵は日本人として育ってきた私にはわかりやすく感じる。四季、香り、草花、鶏すべて感じたことがあるからだろう。それならば、若冲の乗興舟は伏見から淀川を大阪へ進む情景は懐かしく感じた、京阪電車で大阪方面へ向かう淀川沿いと岩清水八幡宮、大崎山がみえるなど自分の過去の記憶と重なった。やはり工夫された展示がすばらしい。ありがとうございました。