琳派 俵屋宗達から田中一光へ 行ってきました

山種美術館で開催の琳派 俵屋宗達から田中一光へに足を向けた。私の知る田中一光はグラフィックデザイナーである。それが琳派というのは面白い。グラフィックデザインと日本画はよく似ている部分がある。興味深々で伺った。期待を裏切らない展示。私は琳派というと何となく派手で金箔で大胆な構図というくらいの認識でしかなかった。しかし、きっちり琳派が現代のグラフィックデザインに受け継がれている。しかも、日本画の中でもとりわけ私の大好きな福田平八郎の作品展示もあり、彼らも琳派であったということも知った。結局今の私の好きな、ひかれるものは琳派からきているのだと随分納得した。20世紀の琳派 田中一光。まさにそうだ。日本画への憧れの原点の発見であった。