名作誕生 つながる日本美術展行ってきました

”名作誕生 つながる日本美術”を観に東京国立博物館へ。題名のごとく、つながるつながる。特に仏像は興味深い。薬師如来像などの木彫は昔教科書で習った鑑真が登場。鑑真と唐からやってきた仏師たちが日本の木材で1本の木から彫りだしたそうだ。よく見ると顔はつるんとしているが、胸あたりはノミ跡を薄く残していたり掌と指の比率が個々に違ったり、やっぱり石膏像ほどではないが鼻筋は通っているが低かったり、じっと見てると観音様が話しかけてくるようで思わず笑ってしまった。”あんまりじろじろみない!”と言われそう。次につながるのは普賢菩薩像、そして法華経が影響しているらしく鬼子母神や十羅刹女が12単姿で優しく描かれている。そしてまだつながる。聖徳太子絵伝など仏教絵画へ。そして雪舟とつづき、もう、年表の上を歩いている感覚だ。どの時代の画家も大作に至るまでの研鑽ぶりがすばらしい。やはり私が一番気に入ったのは、面白いと思ったのは若冲の花鳥図押絵貼屏風の水墨画と仙人掌群鶏図の比較だ。私は水墨画の鶏のほうが墨が美しく躍動感があり、鶏がひょうきんに見えて好きだ。今日のお気に入りの一枚かな。そして最後の衝撃は中国の伝顔輝 ”寒山拾得図”の歯を出して笑う童だ。さらにどうだと言わんばかりの、その絵からインスピレーションされた岸田劉生の娘麗子を描いた”野童子”大変なインパクトだ。忘れられない。とても知的好奇心をそそり面白く歩くことができた。